【インサガEC】2022年3/31~のボスガチャはミンサガ版デスと七英雄ノエルの最終形態!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インサガEC

2022年3月31日~4月7日のボスガチャのキャラ詳細を載せておきます

今回は三柱神の一神であるデスのミンサガ版と

七英雄ノエルの最終形態が登場し、
引き続き聖王が伝説枠としてピックアップ。

そんなガチャの詳細と性能等を見ていこうと思います。

尚、この記事も含めたインペリアルサガECの総合ページは以下になります

スポンサーリンク

今回のガチャのピックアップキャラ

今回のピックアップキャラは全員で2名います。

早速順番に見ていきましょう!

尚以下で紹介するキャラは覚醒exポイントが最初から最大値の状態で獲得出来、
同時に開催されているイベント内のみですが
・奥義ゲージが最初から100%
・のびしろALL50状態
・通常行動のRANKが99状態

という形で戦う事が出来ます

後、下記のデータは初期の状態ですので、閃きによる派生技等を確認したい場合は

以下のリンク先から見てください。

後、今回の排出された該当する
キャラのセリフのページも置いておきますね!

デス【MS版】(★5)

属性:闇  武器:大剣・斧  タイプ:アタッカー
技1:次元断・滅(全体・威力32・対象の敵を全て倒したら自分の攻撃威力を2ターンの間10%アップ、そうでなければ無敵を2ターン中1回付与)
技2:ダークフィールド(単体・威力100・対象の敵を全て倒したら自分の攻撃威力を2ターンの間10%アップ、そうでなければ無敵を2ターン中1回付与)

奥義:開門(全体・威力320・自分のHPが50%以上なら自分の攻撃威力を2ターンの間15%アップ、そうでなければ無敵を2ターン中3回付与、その後に敵全体にダメージ)

連携スキル:1ターンの間闇属性に「ターン終了時に奥義ゲージが10%アップ」を付与
補助スキル1:生命の流転
(1ターンの間自分の攻撃ダメージを36%アップ)
補助スキル2:霊魂の浄化
(5ターンの間自分の特効によるダメージを10%アップ)
特性スキル:冥府の王
バトル開始時より闇属性に「ターン終了時に奥義ゲージが10%アップ」を付与
特性スキル(ex):
バトル開始時より自分に「攻撃のダメージが30%アップ」を付与

MS版デスはアタッカー。

通常行動まではシンプルに全体攻撃と4回攻撃ですが

奥義が残りHPによって内容が変わるものとなっています。

更に追加効果が攻撃前に出ることで
いつもより威力が違ってくるのが最大の特徴。


連携スキルや特性スキルに奮起効果があるので
PTの組み方次第では奥義をバンバン撃ちまくることが出来そうです

ノエル【最終形態】(★5)

属性:気  武器:大剣・体術  タイプ:ジャマ―
技1:赤竜破・統(全体・威力32・対象の持つ無敵やパリイを無視して攻撃・対象が竜の場合追加効果で睡眠を3ターン付与)
技2:竜の憤怒(2ターン中1回気属性に相性増幅を付与・不動を付与)

奥義:ドラコニックチャージ(全体・威力320・対象の持つ無敵やパリイを無視して攻撃・対象が竜の場合追加効果で睡眠を3ターン付与)

連携スキル:2ターンの間気属性の連携率を20%アップ
補助スキル1:同化の革新
(3ターンの間に攻撃ダメージを6%アップ、能力ダウンと状態異常の成功率が9%アップ)
補助スキル2:天の叡知
(1ターンの間敵全体の受けるダメージを25%アップ)
特性スキル:竜の眼光
バトル開始時より自分に「能力ダウンと状態異常の成功率が30%アップ」を付与
特性スキル(ex):竜の威容
バトル開始時より気属性に「ターン終了時に奥義ゲージが10%アップ」を付与

通常形態ノエルはボスガチャが開始されてから一番最初のキャラでしたが

それ以来ぶりに形態チェンジが登場。

今回はアタッカーなわけですが貫通全体攻撃に加えて
種族限定(竜)であるものの、追加効果で睡眠までねらえます。


そのほかも全体受けるダメージアップも備えているので

ジャマ―なのですが、もはやアタッカー的存在です。

そしてなにより見逃せないのが連携スキルの連携率20%アップの存在。

気属性のみで組めればずっと40%以上の連携率になりますので

そこにノエル自身もあらかじめ連携率を上げておけば安定します


一人素早さをたくさん盛るか、パリイのようなファストスキルキャラを使えば

ものすごいことになるのは確定的に明らかレベルです・・!

今回のガチャは狙うべき?

ノエルの追加効果は種族が限定されるものの、その他の構成は使い勝手がいい(特に連携)ので

この手のキャラを持ってない人はお勧めかもしれません。

デスは一見普通のアタッカーに見えますが
上記でも述べた通り、奮起を巧みに使えば無茶苦茶強いです。

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました