【暗殺教室】殺せんせーの弱点は全部役に立ったのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ・漫画
引用:TVアニメ暗殺教室公式ページ

暗殺教室で潮田渚が役に立つかもしれないと思いながら

メモしていった殺せんせーの弱点。

今回はそんなメモしていった弱点をおさらいしつつ
実際に活用された内容を踏まえながら

本当に役に立っていたのかを見ていこうと思います!

スポンサーリンク

殺せんせーの弱点一覧

まずはメモされていった弱点がいくつあって
どんな内容だったかを見ていきましょう!

同じ弱点名が複数登場しているのもありますが、

基本的に番号順で並べておきますね!

NOメモ内容
1カッコつけるとボロが出る
2テンパるのが意外と早い
3器が小さい
4パンチがヤワい
5おっぱい
6上司には下手に出る
7知恵の輪でテンパる
8乗り物で酔う
9枕が変わると眠れない
10世間体を気にする
11猫舌
12しける
13下世話
14ベタベタで泣く
15噂に踊らされる
16脱皮直後
17再生直後
18特殊な光線を浴びると硬直する
19シリアスの後我に返ると恥ずかしい
20安い絵しか描けない
21夏バテ
22プールマナーにやたら厳しい
23泳げない
24夢をすぐあきらめる
25案の定オカルトに弱い
26集まりが悪いと自分に価値が無いような気になる
27音痴
28隠れるのが下手
29役職で図に乗る
30心臓
31他人なのに親バカ
32傷つかないよう保険をかける
33「自分たちのサッカー」が何なのかよく知らない
34実況下手
35運転すると性格が荒む
36リストラ
37全員で押さえられれば捕まえられる
全員で押さえられれば動きが止まる
38傷口に塩を塗る
39肝心な時に段取りが悪い

番外編:オトナの弱点

NO内容
1痛ハウス
2汚部屋
3賭け方がみみっちい
4干物タコ
5もはや使う事より 集める事が目的になってしまっている
61杯目からカシスオレンジ
7つまみを決めるのが遅い
8当然のように酒に弱い
9飲むと泣きに入る
10トレンドが古い

役に立ったか否かで分けてみる

上記の一覧の中から実際に殺せんせー相手に役に立ったものと

本当に役に立ったかわからないものでわけつつ

作中の内容を踏まえて考察っぽい事をここからしていこうと思います。

文字通り弱点だったもの

  • 16:脱皮直後
  • 17:再生直後
  • 18:特殊な光線を浴びると硬直する
  • 23:泳げない
  • 30:心臓
  • 37:全員で押さえられれば捕まえられる
      全員で押さえられれば動きが止まる

これらの内容はNO37を除き
触手の研究をしていた柳沢自身が仕掛けてたり教えてもらった内容なので間違いありません。

尚、NO37は殺せんせー自身が言っていましたが、
元々マッハ20で動く先生をどうやって押さえられるのかというツッコミが先に来ることでしょう

余程弱ってもない限りは・・・

役に立ったであろうもの

上記程直接でないにしても、そこまでの運びには使えたものをピックアップしていこうと思います

NO2:テンパるのが意外と早い

これ単体だと、ただのお茶目な殺せんせーだけに見えますが

言い方を変えれば急な環境の変化に弱いとも言えます

実際その急な環境の変化を利用したものがいくつかありますが

その最たる例は落とし穴が分かりやすいでしょう。
(当然底には対先生用素材を敷き詰めてある事も多い)

尚、NO7:知恵の輪でテンパるもこれに準じていると言えましょう

NO5:おっぱい

スケベな殺せんせーなのでかなりこれが効きます。

実際弱点を複合して使った箇所のうちの一つにこの弱点も使われたところもあった位です。

その中でもより効いていたであろう内容が、暗殺教室を始めるきっかけとなった雪村あぐり先生の写真。

用途は暗殺以外で使用されていましたが、効果は抜群でした。

役に立ったかわからなかったもの

上記以外はほぼそれに該当する都合、全部紹介するとアレなので

特によくわからなかったものを独断と偏見で上げていこうと思います。

NO4:パンチがヤワい

矛盾が生じるような弱点です。

そもそもマッハ20で動けるところから繰り出される触手を繰り出せるのにパンチがヤワいとは・・・??

NO11:猫舌

弱点には違いありませんが、殺せんせーを倒すにはお門違い。

尚、その舌というか唾液には対先生物質ですら溶かす力があったりもするくらい。

・・溶かしきるのに物凄く時間かかるようですが(笑)

NO28:隠れるのが下手

隠れるのが下手だから楽勝と言いたいですが、

そもそも殺せんせーは鼻がとても効いたり諸々ありますので

ただのかくれんぼ下手になり下がります。

・・しかし、本当に効果のある弱点と組み合わせれば
一見無能な弱点でもつなげれるかもしれませんね!

まとめとか感想とか

元々完全無欠の存在でしたが、自ら弱くなりたいと望んだ結果

隙だらけの殺せんせーが出来た都合上、本当の弱点以外は大体お茶目な内容が出そろっています。

そういうものもあったからこそシリアスにならず、
生徒が成長出来たのはあったと思います。


因みにオトナの弱点の方を見るとそれが更に顕著に出ていて
もはや本来の弱点とはかけ離れた違う弱みになっていますね(笑)

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました