【ダイの大冒険】活躍しないキャラはいない!魅力的な脇役たち

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイの大冒険はメインキャラが目立つのは確かなのですが

他のキャラもとてもいい活躍ぶりがあります。

中にはメインキャラを後押しする場面もあるので

不要なキャラがいない程なのがこの作品のいいところです!


今回はそんな脇役たちの光る活躍ぶりを垣間見てみようと思います!

スポンサーリンク

カッコ良かったり大活躍する脇役たち

タイトルを「脇役」としたものの、活躍しないキャラを探す方が

難しいレベルでみんな出番がある
のでどういう言葉で言ったらいいか迷うレベルですが

とりあえずそのうちの一部を挙げていこうとおもいます!

そして・・おっさんがものすごく活躍しているのがわかります!
(おっさんが活躍する作品は名作という言われ方もしますから)

まぞっぽ

この方ほど脇役なのにカッコイイ人はいないのではないか?というほど。

序盤ではゴメちゃんをさらいにきていたニセ勇者御一行の魔法使いだったり。

物語が進んだ頃にはポップの背中を押す言葉(名言)をかけて送り出すカッコイイシーンもですが

最終局面であのような見せ場があると誰が思ったでしょうか?!

ロン・ベルク

物語の中盤以降から登場する魔界の名工として有名な

カッコイイおじさんのうちの一人
で、剣士としても一流なのもまた良し!

そして彼がカッコイイと言わしめる所の一つといえば

終盤の局面であるノヴァの命を捨ててまで戦おうとしているところからの流れでしょう!

職人魂も健在で、大魔王バーンの誘いの断り文句もまたカッコイイ・・

バダック

パプニカの王族に仕える老兵でカッコイイおじさんの一人。

地味に武具の修理なども出来るのがシブイですね!

そしてこのバダックと言ったらやっぱりクロコダインとの絡みがついてきます。

クロコダインの技を改名したのもバダック。

お酒の席で一人飲んでいたクロコダインを皆のところに呼んだのもバダック。

ザボエラみたいな卑怯だったヤツ相手に労ったクロコダインを

「誇るべき友人」と言ってくれたのもバダック。

つまりバダックはカッコイイおじさん!

メルル

占い師なので非戦闘員ですが、なにげに活躍どころが多いポップが好きな女の子です!

どれくらい活躍どころがあるかを一言でいうと・・

彼女の予知能力がなかったら冒険が終わるレベルです!マジで。
(最終局面でもバーンの企みを阻止するきっかけを作ってる)

そして彼女がいなかったらポップの覚醒も間違いなく無かったことでしょう・・

スティーヌ

ポップのお母さんです。

「人間は誰でもいつかは死ぬ・・・」

「だから・・・みんな一生懸命生きるのよ」

という名言を残しました。母は偉大!

このセリフがまさか最終局面に生きてくるなんて誰が思ったでしょうか!?

出番自体は少なかったかもしれませんが

その少ない出番でも意味を成すというのが本当にすごいですよね!

地獄の騎士バルトス

ヒュンケルを親代わりとして育てていた地獄の騎士で

元ハドラー魔王軍だったモンスターです。

血のつながりはないものの、ヒュンケルが真っ当に育ったのはバルトスのお陰であり

女を大事にするという事を含めた武士道精神も彼の教えあってこそ。

そして地底魔城に隠してあった彼の遺言メッセージは必見です!

チウ

マァムも弟子入りした拳聖ブロキーナの「自称一番弟子」のおおねすみ

その態度のでかさと自信過剰な感じから強そうに見えますが

正直戦闘能力としてはダイ一行の中でも弱い分類。

しかし話が進むにつれ、軍団を引き連れるまでのカリスマ性を持つようになり

細かい所でダイ達を助ける場面だったり、

仲間たちの為に自らが前線で守ろうとする姿に心打たれた人もかなりいたのではないでしょうか?


そんなチウをクロコダインは「大物になる」と言わしめていたりもしました。

敵に一括するだけでひるませたりすることもあるので案外凄いネズミです!

ヒム

登場時点ではハドラー親衛隊の一員、つまり敵で

その親衛隊の中では一番最弱でした
(といってもその辺の雑魚はおろか、最初でも無茶苦茶強いですが)

ところが話が進んでいくうちにどんどん強くなっていくばかりか

いい意味で人間クサくなり、その身を犠牲にして行動する姿に

かなりのファンが増えたんじゃなかなって思います!

特にヒュンケルとの邂逅が彼を成長させるきっかけとしては多かったことでしょう・・

ブロック

ハドラー親衛隊の一人として登場するも、口を開かない無口な男。

しかしそんな彼は仲間の盾となり幾度か救う場面がまた渋く

最期に至ってはその口を初めて開いたかと思ったら・・

「・・・・・ミンナ・・・ ハドラーサマヲ・・・タノム・・・!!」

これしか言わないけれども存在感があったキャラだったと思いますよ!

ゴメちゃん

ゴールデンメタルスライムという超希少種の存在として

終始ダイと共に行動していたゴメちゃん。

未読の人からしたら単なるマスコット的キャラにしか見えないけれども

そんなことは全くないばかりか、事あるごとに最後まで大活躍!

但し、最終局面のシーンは・・

まとめ

脇役といっても出番や魅力的なシーンがほぼ必ずあるダイの大冒険。

今回はその一部を紹介しましたが、紹介しなかったキャラクターも

もちろん活躍の場があります!

2020年で再びアニメ化しますので、世代じゃない方も是非一度見て欲しいですね!

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました