ダイエット且つナイスボディを作るなら筋トレがオススメ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
体験談

男女問わず(特に女子)が気になる要素の一つである体重だったり体型。

そこでダイエットしましょうとなりますが、如何に体重を落とそうという傾向が強いように思えます。

しかし実際は体重だけ見る必要はなく、見た目がいいスタイルでも体重はそこそこあったりするんですよ?

今回は筋肉をつける良さについて話せたらと思います。

スポンサーリンク

食事制限ダイエットはよろしくない

筋肉の話をする前にダイエットの定番であろう食事制限についてお話します。

無駄なカロリーを摂るから太るんだということでそのカロリーをとらなければ痩せるであろうというシンプルな考えに基づいた内容ですね。

実際体重は下がるのかもしれませんが、場合によっては摂食障害なんてことも

起こり得るのでオススメしないどころか宜しくないのではないかと思います。

実際筆者の回りでこの内容をしてしまったばかりに摂食障害になってしまった人も知っています。

見た目どころか健康的にも問題が発生しかねないので特に成長期でのそれは危険ですね・・

筋肉をつけると筋肉質になって女性らしくないのではないか?

このように思う人もどうやらいるようですね。

恐らくですがボディビルダー等のゴツゴツの筋肉を想像しているのかもしれません。

確かにそのレベルの筋肉ですと見た目がたくましくなりすぎて女性らしくないんじゃないかと

なりますが、要するにつける筋肉の質を考えてやるといいのではないかと思うのです。

例えばヨガインストラクターの方々を見てみると物凄く身体が柔らかくてスリムな方が多いですよね?

一見体重が軽そうに見えるのですが、実はそこそこ体重はあったりするのです。

見た目だと40キロ前後に見える人でも実際は50キロ手前という衝撃の事実。

かといってゴリゴリな身体というわけでもないのは身体の深い所にある

筋肉と言われているインナーマッスルという筋肉がしっかりついているからでしょう。

ヨガをしっかりやれるようになるとインナーマッスルが自ずと鍛えられる結果、

あのような見事なスタイルが出来るんでしょうね。

因みにヨガの素晴らしい所はそれだけではないですよ!

筋トレ等によって筋肉をつけると何がいいのか?

筋肉をつけるのはいいのですが、実際つけたことで何がいいのかというのを

世間で言われている内容や筆者自身が体感しているものを含めて話していきます。

個人差はあると思うので必ずそうだとは言い切れませんが参考にはなるのではないかと思います。

落ち込みにくくなる

これは筋肉を付けるということもですが、しっかり身体を動かしてるからとも言えますね。

運動する事でうつ病の原因であるセロトニン不足になることも少なくなると言われていますので

前向きに生活を送れることで、様々ないい事が起きるかもしれませんよ!

因みにうつ病予防でなくても血液の流れが良くなったり等も有り得ますので、健康体に近づけますね!

自分の身体に自信が持てるようになる

しっかり身体を作る事によって男性は男らしい肉体になり、

女性は腰にくびれが出来たり、身体のハリが良くなることでいいスタイルが期待できます。

頑張った分いいスタイルになっていきますので成果が身を持って分かり、次第にそんな見事な身体になっていくのが楽しくなってくることでしょう。

まさに筋肉は裏切らない!

肩こり等の悩みが少なくなる可能性が出てくる

身体を鍛える事によって肩こりや腰痛に対してもいいアプローチが期待出来ます。

ギックリ腰等は腰の支える力が弱まってしまっている影響で再発の可能性が高いと言われています。

そこで筋肉の鎧を纏った場合、その弱点が補強されることによって痛みが軽減する人が結構いたりします。

そして肩こりは僧帽筋という筋肉が背中の広い範囲にあるのですが

そこを鍛えることでこりにくい身体作りが出来ると言われています。

因みに肩こりの内容はとあるアニメでもしっかり説明してくれたりするんですよ!

女性の理想であろう細い足が出来る可能性がある

単に筋肉つければいいというわけではないのですが、これは長距離選手の筋肉をつけた場合の話になります。

実際マラソンランナーを見ていただくとわかりますが皆足が細いですよね?

筋肉には大きく分けて2つあり、瞬発力はあるが持続力に欠ける筋肉と、

瞬発力には欠けるも持久力が強い筋肉があります。細い足を目指すなら無論後者ですね!

そこで走りこんだりとなりますがランニングが嫌いという人もいますので

時間かけて歩いてもいいですし、それこそプールを使ったトレーニングでもいいのではないかと思います。

代謝が良くなることで燃焼率が上がる

これは結構大事だったりしますね!

燃焼率が良くなるということはすなわち極端にいえば食べ物を摂ったとしても

直ぐに燃焼してくれるので身体の中に残りにくくなる可能性があがるといった感じです。

逆に筋肉が少なめの場合は燃焼しにくいというわけですから、

身体にエネルギーが残りやすくなり、その結果脂肪等に変わって

身になりやすくなるといった状態なので如何に筋肉をつけることが大事かがわかりますよね。

まとめ

ダイエットしたい理由は体重ではなくスタイルの問題のはずです。

なので適度なトレーニング等で身体を引き締める事によって皆が羨む肉体を得られることでしょう。

かといってトレーニング、特に筋トレは辛いものと捉える人が多いので

長続きしにくそうなのですがそこはいきなり激しくやる必要はなく、

最初は気持ちよくやれる程度にすることが大事だと思います。

習慣づけて長くやれることが一番肝になりますので楽しくやれないと続きませんよね。

確かどこかの有名なモデルさんも同じような事を言ってましたよ!

あとはやはりトレーニングに合わせて身体を作る食生活も一緒にすると更にいい感じになるのではないかと思いますよ!

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました