【インサガEC】2020年4/23~のボスガチャは七英雄ノエルとロックブーケが登場!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インサガEC

2020年4月23日~4月30日のボスガチャのキャラ詳細を載せておきます

今回は七英雄が遂に登場!
この一言に尽きます。

そんなガチャの詳細と性能等を見ていこうと思います。

尚、この記事も含めたインペリアルサガECの総合ページは以下になります

スポンサーリンク

今回のガチャのピックアップキャラ

今回のピックアップキャラは全員で3名います。

しかも全員初期レアリティが★5という恐らく初めての事態です。

そんな七英雄づくしの内容を早速順番に見ていきましょう!

尚今回のボスガチャはピックアップの武具がないのと・・

なんと有償クラウンのみなので注意が必要

後、下記のデータは初期の状態ですので、閃きによる派生技等を確認したい場合は

以下のリンク先から見てください。

後、今回の排出された該当する
キャラのセリフのページも置いておきますね!

ノエル(★5)

属性:土  武器:体術  タイプ:アタッカー
技1:突風掌
技2:ヒートハンド

基本行動1を赤竜破(威力230・横列・2ターン中1回)にチェンジ
自分の攻撃のダメージを100%アップ(2ターン中1回)
奥義:ドラゴンクロ―(単体・威力960・3回に分けて攻撃)

連携スキル:竜特攻を獲得(1回)
補助スキル1:静かなる闘志
(自分の攻撃ダメージが18%アップ、奥義ゲージを15%アップ)
補助スキル2:武人の誉れ
(自分の相性発生時による攻撃ダメージが18%アップ、無敵を1回付与)

特性スキル:竜の血気
[土]を持つキャラにターン終了時HP30回復を付与(バトル開始時から有効)

七英雄のリーダーにして、妹を先に倒されると
丁寧な言葉で激おこしてくるノエルが登場。

そんなノエルですが基本3回攻撃主体のアタッカー。

行動2のヒートハンドにより原作再現と言わんばかりの
赤竜破を使えるようになりますが、ためると同じ効果が付いてるとはいえ
1ターンかかるのをどう見るか。


しかし、奥義を撃つ際にはためると同じ扱いで使えばいいと思うので

その点だけは心配無用。

そして今回味方側のキャラ自体に特性スキルがあります

ノエルは土属性に毎ターンHP回復効果。

・・なのですが、もう少し欲しかったのと
土属性でパリイ持ちみたいなのがいないので気休め程度でしょう。

(ただしサポート含めて2体ノエルを並べたら活用できるか??)

ロックブーケ(★5)

属性:幻  武器:体術  タイプ:ジャマー
技1:シャドウボルト(横列・威力48)
技2:影の掌握

(単体・3ターンマヒ・受けるダメージアップを16.6%アップ)
奥義:ダークドミナンス
(単体・2ターン中1回攻撃ダメージを100%ダウン、3ターン受けるダメージを100%アップ)

連携スキル:補助スキルのクールタイムが1短縮
補助スキル1:烈々たる願望
(3ターン自分の能力ダウンと状態異常の成功率が20%アップ、奥義ゲージを15%アップ)
補助スキル2:無邪気な束縛
(3ターン敵1体の相性発生時によるダメージが16.6%アップ、自分に無敵を1回付与)

特性スキル:幻惑の幽香
[幻]を持つキャラに不動を1回付与(バトル開始時有効)

ノエルの妹にして七英雄の紅一点であるロックブーケが登場。

最近登場したアザミ同様の様々な妨害作を可能にしたキャラ。

特に強力なのは受けるダメージアップ+マヒという贅沢な力を持つ影の掌握。

元々マヒが出来るキャラも実装時点で3人程しかいないのに

それに加えてデバフ付きというのは反則そのもの。

更に奥義もアザミ同様の高倍率のダメージアップ倍率に加えて
2ターン中1回とは言え向こうからの攻撃ダメージまで減らすというか、
実質0にするという内容。

そして補助スキルで成功率アップという特化型なのに

特性スキルも範囲に入る事が出来たら不動まで加わるという・・

とにかく内容てんこ盛りということですね!

今回のガチャは狙うべき?

そもそもボスガチャという物自体有償のみという縛りが
きつい人もいるので慎重になるでしょう。

それでも行くとすればやはりロックブーケ

奥義の内容が非常にえげつなく、クリスマスエレンに続き
受けるダメージアップを出来るばかりかマヒまでついてるのは販反則級。

ノエルも決して弱くはないのですが

ヒートハンドのクセがちょっと強いかもしれません
(アタッカーとしては十分強いです)


性能云々以前に七英雄は敵ながら人気なので
実装待ちしていた人は結構いたのではないかと思いますが

元々限定キャラな上に有償限定はガチガチではないかなと・・
有償のみ以外で他と差別が付いてないので
せめてこう、なにかもう一声あっても良かったかなとは思いました。

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました