【インサガEC】2021年10/28~のボスガチは最終形態ダンターグとジーン・ムーア!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インサガEC

2021年10月28日~11月3日のボスガチャのキャラ詳細を載せておきます

今回は最終形態のダンターグと、ここ最近連投気味のジーン・ムーアが登場し

引き続き伝説枠はジニーがピックアップされます。

そんなガチャの詳細と性能等を見ていこうと思います。

尚、この記事も含めたインペリアルサガECの総合ページは以下になります

スポンサーリンク

今回のガチャのピックアップキャラ

今回のピックアップキャラは全員で2名います。

早速順番に見ていきましょう!

尚以下で紹介するキャラは覚醒exポイントが最初から最大値の状態で獲得出来、
同時に開催されているイベント内のみですが
・奥義ゲージが最初から100%
・のびしろALL50状態
・通常行動のRANKが99状態

という形で戦う事が出来ます

後、下記のデータは初期の状態ですので、閃きによる派生技等を確認したい場合は

以下のリンク先から見てください。

後、今回の排出された該当する
キャラのセリフのページも置いておきますね!

ダンターグ【最終形態】(★5)


属性:光  武器:槍・体術  タイプ:アタッカー
技1:渾身の衝突(全体・威力32・対象が全て全滅で2ターン威力が15%アップ、そうでなければ混乱を2ターン付与)
技2:一騎の衝突(単体・威力100・4回に分けて攻撃・対象が全て全滅で2ターン威力が15%アップ、そうでなければ混乱を2ターン付与)

奥義: 全霊の相克(全体・威力320・対象が全て全滅で2ターン威力が30%アップ、そうでなければ混乱を2ターン付与)

連携スキル:光属性に「ターン終了時HPが100回復」を2ターン付与
補助スキル1:たゆまぬ鍛錬
(1ターン自分の攻撃ダメージが36%アップ)
補助スキル2:強さへの執念
(1ターン自分の相性発生時ダメージが36%アップ)
特性スキル:漲る活力
バトル開始時より光属性に「ターン終了時奥義ゲージが10%アップ」を付与
特性スキル(ex):最強への道
バトル開始時より自分に「攻撃ダメージが30%アップ」を付与

原作で形態チェンジが一番多いダンターグの採取形態が登場。

基本全体アタッカーに4回攻撃もついた脳筋ぶりですが

追加効果が良くなった分、敵を全滅させれないと混乱発生という
デメリットまで出てしまいました。


したがって、このダンターグを長期戦で運用する場合は、

毎ターン不動を事前にかけておく、もしくは
ダンターグが行動した後に解除をするという行為をしないといけません。


これが全ての行動のデメリットなので、

場合によってはとても使いにくいかもしれませんね・・

火力はでそうですが。

ジーン・ムーア(★5)

属性:光  武器:剣・小剣  タイプ:アタッカー
技1:祈りの剣(単体・威力・対象のパリイと無敵を貫通)
技2:超克の剣(全体・威力32・闇属性として攻撃)

奥義: (単体・威力990・3回に分けて攻撃・対象のパリイと無敵を貫通)

連携スキル:光属性に「ターン終了時奥義ゲージが10%アップ」を1ターン付与
補助スキル1:新たな指導者
(1ターン自分の相性発生時ダメージが18%アップ、奥義ゲージが15%アップ)
補助スキル2:騎士団の結束
(3ターン自分の相性発生時ダメージが5%アップ、連携率が10%アップ)
特性スキル:信念と誇り
バトル開始時より自分に「相性発生時ダメージが30%アップ」を付与
特性スキル(ex):改革の旗手
バトル開始時より光属性に「ターン終了時奥義ゲージが10%アップ」を付与

強敵イベント→期間限定イベントに続き、今回のボスガチャにも登場という

もはや過労死レベルの実装密度のジーンさんが登場!

敵の時の内容ほぼそのままの性能で、パリイ無敵貫通攻撃がメインです。

そして全体攻撃は正反対の闇属性攻撃なのも特徴。

しかし基本は単体攻撃で無敵やパリイ無視が基本なわけですが

このキャラを最大限に生かすにはやはりシャールシステムではないでしょうか?

なにせ連携さえ発動させ続ければ、
このキャラだけで毎ターン20%の奥義ゲージアップが確約されているから。


シャール自体はもちろん、他の光属性の奥義ゲージもガンガンたまるので

上手くパーティーを組んだら面白い事になるでしょう!

今回のガチャは狙うべき?

ダンターグが癖が強すぎるので扱いが難しいものの、火力はでそうです。

一方のジーンさんはパリイや無敵貫通以外は割と普通ですが
特性スキルの奥義ゲージアップの回転は目の見張るものがあるでしょう。

結論からするとどちらも尖った内容なので使い手を選ぶ都合上

汎用性高いものを望むなら避けてもいいかもしれませんね

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました