足湯のススメ~身体の全身もほっかほか~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
体験談

冬はおろか、夏でも冷え性の方結構増えてますよね!

それも学生の年齢の女の子も割と多かったりします。

時期を問わず、冷えている人は中々眠りにつくことも容易ではないでしょう。

そこで足を温めて冷えている状態を何とかしようとなるわけですが、

どのような手段で温めた方がいいか?となるはず。

今回はそんな冷えた状態に対してお手軽にやれるであろう足湯についてお話していきます。

因みに冷え性は足がベタベタする状態もそれに該当したりしますので

思い当った方はこちらも見てみるといいですよ!

スポンサーリンク

足を温める方法は沢山ある!

足が冷えているので温めるわけですが、思いつく方法としてはいくつかあります。

パッと思いつくであろう内容は恐らく次の感じになるでしょう。

靴下何重にもするor毛布などで足をくるむ

一番お手軽にやれる、もしくは既にやっている内容でしょう。

くるんだり包んだりすることで外気の寒さから身を守り、温かさを維持するという内容です。

冬場に装着する手袋もまさにこれになりますね!

しかし、装着前に冷えた状態だと体内の熱が発生しにくいので中々暖まりにくいのが難点です。

湯たんぽ

上記の内容と重複しそうになりますが、こちらは湯たんぽという熱源があるので一味違います。

湯たんぽは昔からある暖房器具ですが布団の中みたいな熱がこもる場所にあれば、

かなりの時間持ってくれるという優れものでもあります。

実際やかんで十分な熱量を加えたものですから、温かさはしっかりあります。

お灸

お灸で足を温める方法です。

一番お手軽なのはせんねん灸と呼ばれる温めるタイプのものになります。

因みに本当にお灸で冷えを改善するならば、鍼治療をした後に腰や膝裏等にも

お灸をすると効果がものすごく期待出来たりします。筆者的にはこちらが一番推したい内容です。

足湯

裸足になりお湯に足を突っ込むだけでいいというシンプルなものです。

温泉街に行けば無料で足に浸かれるところもあり、場所によっては駅の中にある所も存在します。

普通のお湯でももちろん温かくて気持ちいのですが、

温泉の泉質はそれを更に上回ってくると思います。冷えてる時の最初に足を付ける瞬間は

何とも言えない熱さがある事もありますが、次第にぽかぽかになっていいですよね!

結局どれがいいのか?

因みにですが上記の内容全て筆者が鍼灸の専門学校時代に

身体を張ってどれが一番温まるかという内容でやりました。条件としては以下のようになります。

  • 実験したのが夏だったので部屋をクーラーで極限まで下げて極寒の状態を作った
  • 服装はパンツ一丁
  • 実験はサーモグラフィで足の熱上昇がどれくらいあったかというもので確認した

結論から言うと足湯が一番お手軽にやれて温まり具合もよかったです。

どれくらい実感がわいたかと言うと、

寒い状況でほぼ裸同然だったのに足を浸かるだけでここまで違うのかと言うレベルでした。

更にもう一つ、冬場足湯に浸かっていたまま勉強をしていたのですが、

ストーブなどの暖房器具つけていなくても寒さが凌げたという程に

温かさがあっただけにその効能は確かなものだったですね!


因みに他の内容はと言うと・・

まずは靴下を重ねてはく方法。

元々冷えている足で靴下重ねたり毛布をくるんでも中々温まらないでしょう。

ただ、外出時の重ね着は他の方法で足を十分に温めた後なら多少持ちは違うかもしれませんね。


湯たんぽを足に仕込んでやる方法は毛布に包みこんでさえいれば

一晩経っても冷め切らずに持ちこたえてくれるので、特に冬場のお布団の中では

冷え性でなくとも活躍します。


次にお灸。

長い目で見たら足湯以上に破壊力があります。

1回限りでも冷え具合がすぐに出る場合もあり得ますし

続けていくことで体質改善のお手伝いをしてくれますので、

根本から温かい足を目指す期待が持てる事でしょう。


しかしお灸には問題があります。

それは、お灸で効果をだすには技術力が必要な上に火傷の可能性があると言う事です。

もちろん適当に足にお灸したりでも一定の効果はあると思うのですが、

やはりプロの所業によるものだと全然違ってきます。

もしお灸をやるならばプロに然るべき場所を聞きつつ、

体質改善の鍼治療も同時に受けておくと更に助けになるのではないかと思います。

まとめ

お灸も素晴らしいですが、技術がいる上にやけどの可能性もある都合上

手軽且つ安全にやれる足湯が一番無難であると思います。

温泉街なら泉質そのものもいいものがありますし、

そもそも完全に浸かる入浴よりも心臓への負担が少ないのでその点も魅力的な所です。

本当はその温泉街で浸かり続けるのが一番ですが、そうもいかないでしょうから

温かい湯を溜めて浸かるという手段を取る人がおおいでしょう。

しかし、ずっと保温する事は出来ないのが欠点です。

そこで加温式のフットバスの機械を導入してみるのも一つの手段です!

そうすることで温かい温度を維持したまま浸かれるので、

温度低下を気にせずくつろげてオススメです。

お値段の方も一見結構しそうに思えますが、

思った程高くないものもありますのでお財布にも優しめです。

足が特に冷えてて気になる方は一度お試しあれ!

因みに最近は折り畳み式のフットバスもありますが

場合によっては折り畳み部分に足を乗せた結果、大参事という場合もありますので

個人的には折り畳み式でない方が良いのかなと思ってます。

フットバス ピエ・ド・スパ

コメント

  1. Dj より:

    こんばんは、いつも楽しく見ています。
    こういう記事が載せるということは、寒い地方にお住まいなんですかね?

    • 情報サガ情報サガ より:

      こんばんわ!
      これは地域云々じゃなくて、学生時代の論文のネタに使ったものなんですよ^^
      地域的には夏は暑くて冬はそこそこ寒いですが、北陸や東北ではないですよw

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました