【インサガEC】2023年1/26~のアートステップアップガチャはリベル編とシーク・ヴァルム編の2種類!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インサガEC

2022年1月26日~2月2日のアートステップアップガチャのキャラ詳細を載せておきます

今回はアートステップアップガチャが2種類ありますので同時に紹介します。登場キャラはリベルの男女のものとシークとヴァルムのやつとなります。

尚伝説はどちらもユリアンが該当します

そんなガチャの詳細と性能等を見ていこうと思います。

尚、この記事も含めたインペリアルサガECの総合ページは以下になります

スポンサーリンク

今回のガチャのピックアップキャラ

今回のピックアップキャラは全員で名います。

早速順番に見ていきましょう!

尚以下で紹介するキャラは覚醒exポイントが最初から最大値の状態で獲得出来、
同時に開催されているイベント内のみですが
・奥義ゲージが最初から100%
・のびしろALL50状態
・通常行動のRANKが99状態

という形で戦う事が出来ます

後、下記のデータは初期の状態ですので、閃きによる派生技等を確認したい場合は

以下のリンク先から見てください。

後、今回の排出された該当する
キャラのセリフのページも置いておきますね!

リベル編

リベル(男)(★5)

属性:幻  武器:体術・小剣  タイプ:サポーター
技1:エリクサー(味方一人のHPを133回復、能力ダウンと状態異常を解除)
技2:神の視座(3ターンの間[幻][小剣]の連携発生時のダメージを44.4%アップ、[インサガ][体術]の攻撃ダメージを44.4%アップ)

奥義:太陽のスコトーマ(3ターンの間[幻][小剣]の連携発生時のダメージを133.3%アップ、能力ダウンと状態異常の成功確率を25%アップ、[インサガ][体術]の攻撃ダメージを133.3%アップ、「ターン終了時に奥義ゲージが10%アップ」を付与

連携スキル:奥義ゲージが10%アップ
コマンダースキル:コマンダーのHPが50%以上の時に有効、[幻][インサガ]の攻撃力・防御力・すばやさが10アップ
補助スキル1:観測者の手助け
(1ターンの間味方一人の攻撃ダメージを50%の確率で20%アップ、攻撃ダメージを50%の確率で20%アップ、攻撃ダメージを50%の確率で20%アップ)
補助スキル2:焦熱の対価
(1ターンの間味方一人の連携発生時のダメージを50%の確率で20%アップ、連携発生時のダメージを50%の確率で20%アップ、連携発生時のダメージを50%の確率で20%アップ)
特性スキル:太陽への願い
バトル開始時より自分に「ターン終了時に奥義ゲージが25%アップ」を付与

ディスノミアの時に観測していた時の姿のリベル(男)です。
今回はサポーターですが、例のごとく2種類対象のピーキーバフなので使いにくいかもですが

対象が[幻][小剣]と[インサガ][体術]であるのと
内容が連携ダメージと攻撃ダメージなのでまだ使える範囲は広そう。
ただ補助スキルが2種類ともギャンブル効果なのでブレが大きいのが問題です。

リベル(女)(★5)

属性:幻  武器:体術・棍棒  タイプ:ジャマ―
技1:光のゆらめき(単体・威力49・受けるダメージを2ターンの間37.5%アップした後にダメージ、地相を幻にチェンジ)
技2:神気掌(全体・威力32・対象の敵を全て倒したら自分の奥義ゲージを40%アップ、そうでなければ敵全体の受けるダメージを2ターンの間37.5%アップ)

奥義:ブライトフリッカー(全体・威力320・地相が[幻]なら受けるダメージを1ターンの間200%アップ、そうでなければ相性発生時に受けるダメージを1ターンの間100%アップ)

連携スキル:2ターンの間能力ダウンと状態異常の成功確率を30%アップ
コマンダースキル:[幻][インサガ]のキャラのみで編成した時に有効、[幻][インサガ]のHPが200アップ、攻撃力・防御力・すばやさが8アップ
補助スキル1:見通す眼差し
(1ターンの間敵全体の受けるダメージを25%アップ)
補助スキル2:予期せぬ干渉
(1ターンの間敵1体の相性発生時に受けるダメージを50%アップ、自分の奥義ゲージを15%アップ)
特性スキル:心の進路
バトル開始時より自分に「能力ダウンと状態異常の成功確率を30%アップ」を付与

ディスノミアの時に観測していた時のリベル(女)です。

今回はジャマ―となっていて、単体と全体を使い分ける内容となっていますが
地相が大きく絡んでくる奥義が曲者でしょう。

うまく使えば最大限の力を出すことは当然できますが・・

シーク・ヴァルム編

シーク(★5)

属性:光  武器:剣・体術  タイプ:サポーター
技1:スターダスト(全体・威力32・対象の敵を全て倒したら自分の奥義ゲージを20%アップ、そうでなければ敵全体のチャージを1ダウン)
技2:光の螺旋(3ターンの間[光][体術]のクリティカル発生時ダメージを44.4%アップ、[インサガ][剣]の特効発生時ダメージを44.4%アップ)

奥義:デュアルフラックス(3ターンの間[光][体術]のクリティカル発生時ダメージを133.3%アップ、無敵を3ターン中2回付与、[インサガ][剣]の特効発生時ダメージを133.3%アップ、不動を3ターン中2回付与

連携スキル:補助スキルのクールタイムが1短縮
コマンダースキル:コマンダーのHPが50%以上の時に有効、[光][インサガ]の攻撃力・防御力・すばやさが10アップ
補助スキル1:ふたつの才能
(3ターンの間味方一人のクリティカル発生時ダメージを15%アップ、連携率を10%アップ)
補助スキル2:未来の代償
(1ターンの間味方一人に[人間][神]特効を付与、特効によるダメージを5%アップ)
特性スキル:護星の誓い
バトル開始時より自分に「ターン終了時に奥義ゲージが25%アップ」を付与

亡星獣の人間の時のキャラがついに登場。
シークは光のリュクスだったものの人間の時の姿です。

サポーターとしての性能となっていますが最近のテンプレのような2種類バフキャラです。
ただしその対象が[光][体術]と[インサガ][剣]なのでまだ対象としては広い方なのが救いか。

バフは強力ですが、特効が絡まないと最大限発揮できないので
使いどころは限られるかもしれません。

ヴァルム(★5)

属性:火  武器:棍棒・体術  タイプ:アタッカー
技1:ファントムフレア(単体・威力100・4回に分けて攻撃・対象の敵を全て倒したら自分の攻撃威力を2ターンの間10%アップ、そうでなければ無敵を2ターン中1回付与)
技2:アウトバーン(全体・威力32・対象が持つ無敵やパリイを無視)

奥義:イグナイトストーム(単体・威力1000・地相を火にチェンジ・その後に5回に分けて攻撃)

連携スキル:2ターンの間クリティカル発生時ダメージを20%アップ
コマンダースキル:[火][インサガ]のキャラのみで編成した時に有効、[火][インサガ]のHPが200アップ、攻撃力・防御力・すばやさが8アップ
補助スキル1:灼熱の眼差し
(1ターンの間敵全体の受けるダメージを25%アップ)
補助スキル2:燃えたぎる信念
(3ターンの間自分の攻撃ダメージを9%アップ、相性発生時ダメージを9%アップ、クリティカル発生時ダメージを9%アップ)
特性スキル:希望の誓い
バトル開始時より自分に「ターン終了時に奥義ゲージが25%アップ」を付与

亡星獣でいう元フランマだったヴァルム。
ロールはアタッカーでシンプルに全体と単体4連を使い分けるので使いやすいですが
奥義が地相チェンジありきのものとなっています。

特性スキルも奮起がありますので早い段階で自分の有利な形に持っていきやすく
使いやすさでは今回の4人の中では一番いいかもしれません

今回のガチャは狙うべき?

2種類、それも両方ともステップアップという鬼畜の所業となっていますが
敢えて性能で選ぶなら使いやすいヴァルムがあるシーク・ヴァルム編でしょうか。

リベルも魅力的ではありますが、リベル女の場合は奥義が地相で内容が変わってしまいますので汎用性という意味では少々減ってしまいます。
(一応本人で地相変化は出来ますが)

なので個人的にはシーク・ヴァルム編を勧めてみますが
リベルの方も悪くはないと思います。

とりあえず2種類バフ縛りはいつ終わるのでしょうか??

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました