【インサガEC】「樹陰に潜む驚異!密林の七不思議を追え!」のイベント内であった魔界塔士の原作内容を見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インサガEC

2020/11/5~11/19のイベントである「樹陰に潜む驚異!密林の七不思議を追え!」は

魔界塔士キャラの一人であるエスパーギャルが登場しました。

そしてストーリー内にもちりばめられている原作の単語があったわけです。

しかし、原作をやってない人にはわからない所もあったのではないかと思ったので

今回はその単語を拾っていき、原作ではどのシーンだったかなどをお伝えできたらと思います。

※インサガと魔界塔士のネタバレ満載なので
まずいと思った人はブラウザバックです!



尚、この記事も含めたインペリアルサガECの総合ページは以下になります

スポンサーリンク

エスパーギャルって?

上記の画像の通りなんですが、4つの能力を使えるキャラクターになりますが

もう少し掘り下げていくと

  • 魔界塔士のキャラの装備可能な枠は8つ
  • にんげんは8つを自由に装備可能だが、エスパーはそのうち4つが能力で埋まってしまう
  • 戦闘終了後ランダムで能力が変わってしまい、中には弱点能力が付くことも
  • 今回登場していないが、エスパーマンという男版もいる
  • 余談だが続編の秘宝伝説のエスパーは、エスパー「ボーイ」「ガール」

そんなわけなので防具を装備したらほぼ圧迫するので
基本能力中心で、後は魔法が使える書で戦うことになります

エスパーの能力

取りあえず今回のイベントのストーリーで取り扱われたものと

キャラクターの通常行動や補助スキルである内容を

原作とインサガECの内容で表にしておきますね!

一つだけ言っておくと、
「ねむたいめ」は原作でここまで無双しないっていうか活躍しません・・・(笑)

能力名インサガ原作
テレパシーストーリーでは
文字通りの内容
キャラの能力は
連携率アップ
直接攻撃のダメージを半減する
ほのお炎で攻撃敵1グループに炎属性の
魔力依存攻撃
れいき冷気で攻撃敵1グループに冷気属性の
魔力依存攻撃
ねむたいめ対象を眠らせる。
キャラ能力では
更に相性ダメージアップ
敵1グループを眠らせるが
インサガみたいな無双は
終盤になるほど
耐性を持つ敵が多いので厳しい
サイコブラストとりあえず強い攻撃として
描写されている
無属性全体攻撃。
味方で全体攻撃はこれ以外に
フレアの書やミサイルがあるが
前者は値段が高く、
後者はラストダンジョン前でしか
購入不可能なので
如何に貴重かわかる
尚、威力的にはフレアの書には及ばない
フレア全体攻撃だが、
原作より非常に控えめな威力
無属性全体攻撃だが
エスパーは覚えず、特定のモンスターのみ使える
(秘宝伝説以降は覚える)
エスパーがフレアを使う場合は書を購入。
魔力依存攻撃ではこれが最強。
サイコキネシス敵の受けるダメージを大幅アップ
対象が特定種族だと
更に追加効果発動
原作にありそうだが
実はなかったりする
ふいうち敵1体の相性発生時ダメージアップ一定確率で先制攻撃が出来る。
敵が持っていたら1ターン何も出来ずに
奇襲を喰らう
よちのうりょく味方1人の攻撃ダメージアップし
奥義ゲージアップ
ふいうちの能力を持つモンスターの奇襲を
阻止することが出来る

みていただくとわかりますが

内容がかなりというか、全く別物の能力が目立つのが分かるかと思います!

尚、物語で決め手となったサイコブラストがありますが

原作ではめったに覚えないレア能力となっています。

アシュラについて

アシュラは魔界塔士に出て来る塔を支配しているキャラで

部下に四天王(玄武、青龍、白虎、朱雀)がいますが

実はアシュラを召喚したのはあの「かみ」です。

だからアシュラはこんなこと言ってるんですね!

因みに「かみ」がアシュラを塔に呼んだ理由は

「世界を乱して面白くするため」

という狂った内容、ようするにかみの暇つぶしの為です。

尚この後すぐに飽きて「ゲーム」、

つまりプレイヤーたちがやって来た冒険を思いつくわけです。

余談ですが、このアシュラは続編の秘宝伝説、時空の覇者にも同名キャラで登場しますが

シリーズごとに弱体化していくのは有名な話だったりします。
(登場タイミングがどんどん早まってるのでやむなしなのだが)

つまり今回の魔界塔士のアシュラは一番強い状態というわけです!

どれだけ強いかっていうと、以下の記事の中にありますのでそちらをどうぞ!

イベントシナリオであった原作内容

ここからはアシュラがらみで原作にもあったセリフやシーンを紹介していきます!

上記動画は原作のアシュラと戦う直前のものになりますが
以下の内容と照らし合わせながら見るとよりよく分かるはずです!

(動画の54:50あたりからが該当します)

落とし穴について

シナリオ最中にこのようなセリフがあったかと思いますが

原作ではどうだったかと言いますと、

まずアシュラは塔の最上階手前(23階)で陣取っています

長い階段を上った先にアシュラが待ち構えているのですが、

初見プレイヤーはほぼ確実と言っていいほどまっすぐ進んだのち
アシュラの手前で突然前の階に戻されるという出来事になるはずです!


これを回避するには特定の位置になったら正面ではなく

少し外側から進む必要があったりします。

取引き

ストーリーでアシュラがこんな感じで取引きをしてきますが

原作でもありました。

原作の内容はどうだったかというのを一言でまとめると、

「(主人公達が倒した)四天王にかわって世界を支配しないか?」

という内容になりますが・・

返答は原作もインサガも同様にこんな感じ!

そしてアシュラの返し方も同じ!
(直後に戦闘になるのも以下同文)

こんな感じでベニーさんは本当上手い事原作を混ぜてくれたんだなってわかると思います!

まとめ

筆者はサガシリーズでもGB版が最も回数やっていたので

シナリオ見た時ニヤニヤが止まりませんでした(笑)

少しでも原作の内容を分かってもらえたらと思って書いてみましたが

いかがでしたか??

今後のイベントでもこうやって補足できたらいいと思いますが・・・どうでしょう??

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました