【インサガEC】伝説キャラまとめ~スービエ編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インサガEC

伝説キャラにスポットを当ててお話していこうという内容となっています。

今回のキャラはスービエ!

尚、この記事も含めたインペリアルサガECの総合ページは以下になります

スポンサーリンク

伝説キャラ一覧

伝説の簡単な概要と、
実装されているキャラは以下ページに載せてあります。

実装キャラについては下記ページか、
こちらの伝説カテゴリーからでもご覧ください

※伝説実装が増えてきたため
追記が困難になる処置ですのでご了承ください

伝説スービエの所持スキルなど

伝説スービエの現在所持しているスペックは以下の通りです

属性

伝説と重複している属性は割愛します

  • 土(古代人)
  • 魔(最終形態)
  • 光(アートキャラ)

コマンダースキル

コマンダースキル内容所持キャラ
[水][ロマサガ2]の攻撃力が12アップ第1形態
[魔][ロマサガ2]のすばやさが12アップ最終形態
コマンダーのHPが50%以上の時に有効
[土][ロマサガ2]の攻撃力・防御力・すばやさが10アップ
古代人
[光][ロマサガ2]のみで編成した時に有効
[光][ロマサガ2]のHPが200アップ
攻撃力・防御力・すばやさが8アップ
アートキャラ

武器タイプ

伝説と重複している属性は割愛します

  • 体術
  • 棍棒(古代人)
  • 槍(最終形態、古代人)
  • 小剣(アートキャラ)

行動

閃きのある行動は最終段階、効果や威力はランク最大時です

行動名範囲内容所持キャラ
ウォータースプレッド全体威力160
対象が持つ無敵やパリイを無視
伝説
不動金しばり横列威力230
2マスのディレイを付与
伝説
触手単体威力480
4回に分けて攻撃
第1形態
水霊との融和自分2ターン中1回の間
攻撃ダメージを200%アップ
[精霊][人間]特効を付与
第1形態
デッドリースラスト全体威力160
対象の敵をすべて倒したら自分の攻撃威力を2ターンの間20%アップ
そうでなければ無敵を2ターン中1回付与
最終形態
渦雷単体威力245
2ターンの間
受けるダメージを75%アップ
相性による受けるダメージを75%アップ
最終形態
極楽連衝単体威力500
対象の敵をすべて倒したら自分の攻撃威力を2ターンの間20%アップ
そうでなければ無敵を2ターン中1回付与
古代人
血の信託地相を[土]にチェンジ
3ターンの間[土]の攻撃ダメージを66.6%アップ
連携発生時ダメージを66.6%アップ
古代人
フォトンシューター単体威力500
地相を[光]にチェンジした後5回に分けて攻撃
アートキャラ
フラッシュダガー全体威力160
対象の敵をすべて倒したら自分の奥義ゲージが40%アップ
そうでなければ2ターンの間敵全体の受けるダメージを75%アップ
アートキャラ

奥義

奥義名範囲内容所持キャラ
テンタクルランス単体威力960
4回に分けて攻撃
第1形態
アビサルヴォーテックス全体威力320
対象の敵をすべて倒したら自分の攻撃威力を2ターンの間20%アップ
そうでなければ3ターンの間敵全体に睡眠を付与
最終形態
ポルスターサポート地相を[土]にチェンジ
5ターンの間[土]の攻撃ダメージを100%アップ
連携発生時ダメージを100%アップ
不動を5ターン中1回付与
古代人
サージングサーフ単体威力980
地相が[光]なら2ターンの間自分の攻撃威力を25%アップ
そうでなければ2ターンの間相性増幅を付与
その後2回に分けて攻撃
対象が持つ無敵やパリイを無視
アートキャラ

連携スキル

スキル内容所持キャラ
2ターンの間攻撃ダメージが20%アップ第1形態
1ターンの間[魔]に
「ターン終了時に奥義ゲージが10%アップ」を付与
最終形態
補助スキルのクールタイムが1短縮古代人
2ターンの間連携発生時ダメージが20%アップアートキャラ

補助スキル

効果やはランク最大時です

補助スキル名内容所持キャラ
海の王者1ターンの間自分の攻撃ダメージを36%アップ
奥義ゲージを30%アップ
第1形態
嵐の先触れ1ターンの間自分の
相性発生時ダメージを36%アップ
連携率を72%アップ
第1形態
荒れ狂う大渦1ターンの間味方一人の
相性発生時ダメージを30%アップ
能力ダウンと状態異常の成功率を50%アップ
最終形態
静かなる潜航1ターンの間味方一人の
攻撃ダメージを30%アップ
連携率を60%アップ
最終形態
復讐の誓い1ターンの間味方一人の相性発生時ダメージを60%アップ古代人
憎悪の奔流1ターンの間味方一人の
連携発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
連携発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
連携発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
古代人
深海からの波動1ターンの間味方一人の
連携発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
連携発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
連携発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
アートキャラ
海との融和1ターンの間味方一人の
相性発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
相性発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
相性発生時ダメージを50%の確率で40%アップ
アートキャラ

特性スキル

特性スキル名内容所持キャラ
大海のうねりバトル開始時より水属性に無敵を1回付与第1形態
深海の静寂バトル開始時より水属性に不動を1回付与第1形態
深まる同化バトル開始時より魔属性に不動を1回付与最終形態
復讐の憎悪バトル開始時より魔属性に
「ターン終了時に奥義ゲージが10%アップ」を付与
最終形態
理想への賛同バトル開始時より自分に
「ターン終了時に奥義ゲージが25%アップ」を付与
古代人
大嵐の前兆バトル開始時より自分に
「連携発生時ダメージが30%アップ」を付与
アートキャラ

タグ

タグ所持キャラ
ロマサガ2
男性
オールラウンダー
伝説
伝説
ロマサガ2
男性
アタッカー
ボスキャラ
伝説
第1形態
ロマサガ2
男性
ジャマー
ボスキャラ
伝説
最終形態
ロマサガ2
男性
サポーター
限定衣装
伝説
古代人
ロマサガ2
男性
アタッカー
アートキャラ
伝説
アートキャラ

伝説スービエのオススメ編纂一例

沢山組み合わせれる伝説でも、これはいいんじゃないかな?という一例を挙げていきますが

  • 手持ちの他の所持キャラの都合
  • 出撃させるシナリオやイベントの都合
  • 手持ちにある該当する伝説キャラの所持数

等々の都合がありますので、絶対これが一番という事はありません。

尚、以下に説明する内容は
伝説キャラの所持キャラが全て揃っているという前提でお話ししますのでご了承くださいませ。


ほかにもいい例がある場合はコメントなどで教えてくださるとありがたいです。

アタッカー運用

追加効果付きの4連と全体攻撃、そして4連と全体の奥義は一通り揃っていますので運用は最低限いけます。
光属性は地相がらみになりますので、光属性の時だけはそっちを使う形という使いわけではありますが
後一歩なんらかの攻撃があるとほかの伝説と見劣りしなくなるかなといった感じでしょう。

特性スキルなどはだいたい揃っていますので問題なし。

ジャマー運用

どちらかというとアタッカーより使い勝手が良いかもしれません。
というのも、単体・全体デバフはもちろんのこと、
貴重なディレイだったり奥義が条件付きで全体睡眠だったりと幅が広かったりします。

一方でジャマー効果のある補助スキルが皆無となっていますので
そこはサポーター効果が強いものでなんとか補っていきましょう。

まとめ

伝説実装時点では基本的にアタッカーかジャマー運用で行くといいかなといった感じのスービエ。

素材はわりといいのですが、後一歩欲しいものが足りないというのも否めないので
今後の実装が待たれますが、果たして・・・?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました