【インサガEC】レベル上限が原因で出番が貰えないリベルは本当に使えないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インサガEC

インペリアルサガエクリプスのメインキャラにして創造主であるリベル。

全ての属性に弱点を突くことが出来る便利キャラですが、

力を取り戻してないせいかどうしても途中から出番が無くなります。


ではもし力を取り戻した時はどうなのか?

そういう前提での話を見ていこうかなと思います。


尚、この記事も含めたインペリアルサガECの総合ページは以下になります

スポンサーリンク

リベルの性能を見てみる

恐らく途中からパーティーから外す人が大多数な為

しっかりとステータスを見る事がないと思いますので

ここらでリベルの性能をじっくり見てみようと思います。

100LVに出来るようになり完全に力を取り戻した時、

きっとその力を発揮してくれるかもしれません


因みに他の属性のキャラ達が見たい場合は下記のリンクからどうぞ!

全ての属性に有利に立てる

引用:インペリアルサガ公式

皆ご存知の内容ですが、リベルと言ったらやはりコレから始まります。

かなりの数ある属性相性ですが、リベルだけはこれを全て有利に立てる星属性なのです。

今のところはありませんが、もしボスに星属性が現れた場合は

リベルが光り輝く瞬間になるのかもしれませんね・・!

基本技も範囲攻撃と単体攻撃でバランスが取れて、奥義も中々

次に見てみたいのが技の性能。

単体攻撃持ちと縦列攻撃というバランスの取れたものになっています。

更に武器が剣なので色々融通が効き、例えばロブオーメンのすばやさ補正を貰ったりも出来ます。

そして奥義も威力があるばかりではなく相手に妨害が出来る為、

奥義で勝負がつかなかったとしてもチャージスキル減少とすばやさダウンにより

戦局を変えるには十分だと思います。

連携スキルで補助スキルの回転が速く、補助スキルも万能

補助スキルが味方への攻撃防御系統がひとつずつ揃っているので

どういった場面でも使える万能ぶり。流石オールラウンダーというだけある。

そして連携スキルがこの回転を上げる可能性があるものになってますので

上手く連携が繋がり続ければ高回転で補助スキルを使えることでしょう。

リベルの欠点とか他と違う所

リベルの性能を上記で見てきましたが

少々他と違う所や問題(になるかもしれない)所もありますので

該当するいくつかを挙げてみようと思います

レベル上限にするにはメインクエストを進める必要がある

物語の冒頭でも、のびしろ時のセリフでも

「力が戻って来たみたいだ」

などの類のセリフを言ってるだけに、まだ本調子ではないのです

その為2章終了時点の場合、まだレベル上限が60で止まってしまいます。
(ディスノミア編ノーマルもクリアした前提)

【2020/3/27追記】
2020年4月9日のアップデートから実装されるストーリー5章をクリアすると
ついに80レベルになることができるようになりました!


いくら性能が良かろうと、レベルの壁に阻まれてしまうので純粋に火力負けしてしまうのです。

でも逆に言えばそれ以外特に目立った欠点もないので

あとはリベル専用の限界突破素材である太陽のエンヴリマ待ちと言う事になります。

【2020/11/12追記】
上記日程のアップデート後に開催されている星の試練exを制覇することで
リベルの上限が100まで上げれるようになりました!
これでリベルをまともに戦いに参加させれることが可能になります。
おそらく途中から恒常化すると思いますので
もし逃した方はその時を待ちましょう!

補助スキルの必要素材が2属性分必要

実際にリベルの補助スキルを上げた方はお分かりの内容なのですが、

リベルは他のキャラと違って光と闇の素材を必要とします。

なので、これからリベルを真面目にそだててやるぞ!という方がいるのならば

下記のページを参考にしながら上げてみるといいでしょう。

覚醒が出来ないかもしれない

これは不透明な内容なのでハッキリいえませんが、

もしこれが出来ないと一部の特性スキルを習得できないのでこれは考えにくいかも。

もしかしたらストーリーで太陽のエンヴリマを100LV分まで解放された次の章が

リベルそのものが手に入る仕組みにして覚醒が出来るかもしれませんが

それが判明するのは遥か先になることでしょう・・

まとめ

引用:インペリアルサガエクリプス公式

力を取り戻してない都合で(主にレベルのせいで)戦力になれないリベルですが

今のうちに鍛えるもの鍛えておいて時が来た時にオレ(わたし)TUEEEE!出来るようにしても

いいんじゃないかなと思います。

インサガECにいらない子はいないはずなので・・

コメント

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました